査定額で100万円近くの差がつきました。(男性/60代)

男性/60代

私は60歳で定年退職し、現在は非常勤の嘱託職員として働いています。

週の半分は仕事、残りの半分は趣味の土いじりをしながらそれなりに充実した日々を送っています。
そんな私ですが、70歳を目前に生まれ育った故郷へ戻ることを考えています。

仕事の都合で首都圏に転勤することになって、早30年余り。

同年代の仲間もすっかり仕事を引退し、地元で孫たちに囲まれながら幸せそうに余生を過ごしています。
そんな姿を見ていると、私も故郷に帰って悠々自適な生活をしたいと思うようになったのです。

しかし、実際に移住するとなると、どうしても欠かせないものがあります。それは、もちろん「お金」です。

しかも、ある程度まとまった額が必要です。
もちろん退職金やこれまでの貯金もありますが、それだけでは足りそうにありません。

そんな悩んでる様子を見かねた息子から、良いアドバイスをもらいました。

それは不動産一括査定サイトで、今住んでいる家の見積もりを取ってみたらというものです。
正直、目からウロコが落ちた思いでした。

我々世代には、思いもよらぬ方法だったからです。

これなら地元だけでなく、全国の不動産屋に査定をしてもらえます。
また、実際に足を運ぶ必要も少なくて済みそうです。

そして、私の場合は査定額で100万円近くの差がついて、非常に驚きました。

おかげで、満足のいく買取価格で売却でき、お金の面での心配も嘘のようになくなりました。
同じような悩みを抱えている方がいましたら、不動産一括査定サイトを試してみてはいかがでしょうか。

人気の不動産一括査定サイトはこちら